読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アセッパーは多汗症の汗に効果があるのか?口コミ調査隊

アセッパーは多汗症の汗に効果があるのか?体験談や他の方の口コミなどをお伝えします。

あの発汗のこと症状やアポクリンが気になる

あの発汗のこと症状やアポクリンが気になる

エクリン腺ともアポクリン腺ともいえるような汗腺の存在が認められます。

わきのエクリン腺は、毛が生えている部分だけでなく、その周辺にも多数あるので、ワキガの場合よりも広範囲の剥離を行いるんです・・・この場合の汗は「精神性発汗」といわれ、緊張状態が続いたときに出る汗です。

常に緊張状態が続くストレスにおう汗をかくのはまじめな人! 手の平や腋などの局部にかく、緊張や驚き、不安な状態から起こる冷や汗は精神性の発汗です・・・水がすべて汗になるわけではなく、余分な水分は尿としてちゃんと排泄されます・・・原発性局所多汗症は1~2箇所で集中的に汗をかきますが、続発性多汗症は全身で汗をかくという症状があります・・・原発多汗症は何かしらの病気や、薬物の副作用などが原因でない過度の発汗です・・・運動不足をはじめとして汗をかく習慣がないことが、汗腺機能の低下を招きます。

温熱性発汗は体温調節に必要な生理現象ですので、治療の必要はありませんが、 過剰な発汗がある場合は体の異常があることも考えられます。

暑いときや運動をしたときなど、体温を調節するために体全体から出る汗で、体温を37度前後に保つための生理的な汗です・・・処方中の竜骨・牡蠣は気持ちを落ち着かせて、のぼせによる汗を静める、若い人にてもストレス性の多汗症によく、汗の引きが早くなり、気持ち的にも余り気にしなくなる・・・この2つは同じカラダから発散されるのに、どうして違いが出るのでしょうか?「汗の種類は2つあり、エクリン腺とアポクリン腺から出てみました この2つには、においなどに大きな違いがあります まずエクリン腺は、全身の至る所に分布していて、ここから出る汗の成分は99%以上が水分なので、サラッとしてにおいもほとんどありません 一方、アポクリン腺は、腋の下やおへそまわり、耳の外耳道、乳首の乳輪や性器、肛門まわりなど、体内の一部に分布しており、毛穴と出口を共有している大きな汗腺です ここから出る汗はにおいを含み、タンパク質、糖分、グルコースコレステロール、鉄分、アンモニア、また、粘っこい脂性の物質まで含まれ、ワキガの原因にもなります」(五味先生)・・・足の裏もスッキリしてきた、桂枝加黄耆湯は虚弱な者に体験する、多汗症に証に随って応用する・・・多汗症で問題になるのは、神経過敏や自律神経失調症による多汗症が、多くを占める、これも体質的傾向によるもので、身体が虚弱な場合、衰弱したときなどにも多く見られる、 交感神経の興奮によって、手、足の裏にかく汗は、温熱性発汗と区別 して精神性発汗と云われている、 又、水毒(水太り)、皮毛のしまりの悪さ、わきが・すそがなども、漢方で体質改善をはかると良い、 又、婦人血の道に伴う多汗にも、症状に随って漢方薬を応用するとよい・・・水分を控えてしまいますと、血液がドロドロになり、ベトベト汗になりかねません・・・